l.instagram.com / referral ってなんだろう[webの話] | おむすび

l.instagram.com / referral ってなんだろう[webの話] | おむすび

l.instagram.com / referral ってなんだろう

webの話


こんにちは18号です。

アナリティクスの「参照元メディア」を見ていると出てくる

l.facebook.com
lm.facebook.com
l.instagram.com

などについての解説です。

facebook.com / referral → PCで閲覧していたフェイスブック経由

m.facebook.com / referral → モバイルで閲覧していたフェイスブック経由(アプリでの閲覧は入らない)

 

と、この場合は普通の経由だと分かります。

 

しかし最近目にする

l.facebook.com
lm.facebook.com

 

さらには

l.instagram.com

まで出現!

 

こいつらなんなんだ〜!?

 

 

 

「l.」「lm.」の正体とは?

 

「l.」「lm.」はスパム防止のためにフェイスブックが設定している

”Link Shim” というシステムを経由した場合に表示されているようです。

 

フェイスブック以外のリンク先に飛ぶ際にこのシステムを経由しチェックさせ、その後対象のリンク先に飛びます。

 

つまり、リンク先が不適切なスパムサイトだった場合、

このシステムが検知してくれて、警告ページを表示してくれるようです。

 

 

2014年4月に実装され、

「l.」→PC版

「lm.」→モバイル版

となっています。

 

「l.」「lm.」となる場合は、FB広告や公式アカウント(?)などからではなく

個人のタイムラインに貼られたURLなどからの流入が多いようです。

 

参考元

 

 

では「l.instagram.com」とは?

 

最近目にする「l.instagram.com」も同じように”Link Shim”を経由しているのだと思います。

 

「l.instagram.com」のURLをそのまま検索してみると

フェイスブックに飛ばされて、え…?と一瞬思いましたが

 

2012年4月にフェイスブックはインスタグラムを約800億円!で買収しているので

 

同じように”Link Shim”が実装されているのだと思います。

 

インスタグラムはめちゃくちゃスパムが多しですし。

 

しかし”Link Shim”で全然防げてないのでは…笑

 

 

ちなみに

おむすびの管理案件で見ている限りでは、インスタグラムは「l.」の表示しかなく「lm.」はありません。

スマホからしか更新が出来ないからなのかな…?



3年半ほど制作会社で働いたのち、おむすびを始めました。デザインやマーケティングなどを担当しております。人見知りですが、めちゃくちゃアウトドア派です。おもしろい、役に立つ、使い易い、そんな感じのサービスを山盛り作っていきたいと思っております。 おむすび!



更新日:2016-09-05

コメントを投稿する
投稿名
コメント内容
画像認証 CAPTCHA Image
[ 認証画像を変える ]

関連記事

サイト内のどのボタンを押したか計測する方法
KPI・KSF・KGIをすっごく簡単に解説
スマホ投稿にも使えるWYSIWYGエディッタsummernote
SEOの時代は終わり?店舗型に向いていると思うweb集客
CSSの背景画像でスライドショーを実装【jQuery】
たった3分で実装出来るJqueryで簡単スマホ用メニュー実装!

人気記事

CSSの背景画像でスライドショーを実装【jQuery】
分かりやすい地図をデザインする為に押さえておきたい4つのポイント
夏っぽい色のバナーデザイン
市立吹田サッカースタジアム観戦の感想
TBSラジオクラウドの保存方法
(direct) / (none) が急に増えた!



ブログ

l.instagram.com / referral ってなんだろう

webの話




こんにちは18号です。

アナリティクスの「参照元メディア」を見ていると出てくる

l.facebook.com
lm.facebook.com
l.instagram.com

などについての解説です。

facebook.com / referral → PCで閲覧していたフェイスブック経由

m.facebook.com / referral → モバイルで閲覧していたフェイスブック経由(アプリでの閲覧は入らない)

 

と、この場合は普通の経由だと分かります。

 

しかし最近目にする

l.facebook.com
lm.facebook.com

 

さらには

l.instagram.com

まで出現!

 

こいつらなんなんだ〜!?

 

 

 

「l.」「lm.」の正体とは?

 

「l.」「lm.」はスパム防止のためにフェイスブックが設定している

”Link Shim” というシステムを経由した場合に表示されているようです。

 

フェイスブック以外のリンク先に飛ぶ際にこのシステムを経由しチェックさせ、その後対象のリンク先に飛びます。

 

つまり、リンク先が不適切なスパムサイトだった場合、

このシステムが検知してくれて、警告ページを表示してくれるようです。

 

 

2014年4月に実装され、

「l.」→PC版

「lm.」→モバイル版

となっています。

 

「l.」「lm.」となる場合は、FB広告や公式アカウント(?)などからではなく

個人のタイムラインに貼られたURLなどからの流入が多いようです。

 

参考元

 

 

では「l.instagram.com」とは?

 

最近目にする「l.instagram.com」も同じように”Link Shim”を経由しているのだと思います。

 

「l.instagram.com」のURLをそのまま検索してみると

フェイスブックに飛ばされて、え…?と一瞬思いましたが

 

2012年4月にフェイスブックはインスタグラムを約800億円!で買収しているので

 

同じように”Link Shim”が実装されているのだと思います。

 

インスタグラムはめちゃくちゃスパムが多しですし。

 

しかし”Link Shim”で全然防げてないのでは…笑

 

 

ちなみに

おむすびの管理案件で見ている限りでは、インスタグラムは「l.」の表示しかなく「lm.」はありません。

スマホからしか更新が出来ないからなのかな…?



3年半ほど制作会社で働いたのち、おむすびを始めました。デザインやマーケティングなどを担当しております。人見知りですが、めちゃくちゃアウトドア派です。おもしろい、役に立つ、使い易い、そんな感じのサービスを山盛り作っていきたいと思っております。 おむすび!



更新日:2016-09-05
コメントを投稿する
投稿名
コメント
内容
画像認証 CAPTCHA Image

[ 認証画像を変える ]


関連記事

AJAXで簡単にドラッグ&ドロップで順番を変更する方法
SEOはシンプルに考えるべき!絶対外せない重要な事3つ!
3分でwebサイトの各端末表示確認が出来るサービス「Sizzy」
SEO Meetupに参加してわかったSEOに大切な5つの事
もしかしてWebの書き出し、まだpng…!?
CSS Nite in OSAKA In-house SEO Meetup 参加予定


人気記事

CSSの背景画像でスライドショーを実装【jQuery】
分かりやすい地図をデザインする為に押さえておきたい4つのポイント
夏っぽい色のバナーデザイン
市立吹田サッカースタジアム観戦の感想
TBSラジオクラウドの保存方法
(direct) / (none) が急に増えた!

ブログ