社会人になってからどん底を味わった結果今がある独立までの道のり その2[コラム] | おむすび

社会人になってからどん底を味わった結果今がある独立までの道のり その2[コラム] | おむすび

社会人になってからどん底を味わった結果今がある独立までの道のり その2

コラム


どうもおむすび17号です。
前回の続きです。

 

前の記事はこちら

社会人になってからどん底を味わった結果今がある独立までの道のり その1

 

 

・自分で会社を立ち上げた

 

無職になってしまい再就職先を探しにハローワークへ行きました。

今でも忘れられないんですが、凄まじい人数でした。

就職先に困った人で溢れかえっていました。

 

そしてハローワークの担当の方と話しをしていて

自分には何も武器がない事に気付きました。

ただ大学を出ただけの人。それだけです....

それでも自分のすすべき道を決意していたので

就職先もweb業界を選び、面接に行きました。

 

しかしどこもかしこも未経験を受け付けておらず門前払いでした。

何かインパクトを残さないといけないと思い、

自分が会社に入ったらどんな事をしたいかではなく

こんな事をしてみてはどうか?

という点に絞り様々なwebサービスのアイディアを企画書にして

持って行く事にしました。

 

そしてあるweb制作会社に面接いった際に

自分を決心させる一言を頂きました。

 

こういうアイディアがあってこういう事を実践して行きたいとアピールすると、

「やる気はわかりますが... 案があるなら弊社ではなく、ご自身でされてはどうですか?」

という言葉を頂きました。

そして離職してからこの時既に1年たっていました。

未経験が駄目なら自分で会社をしよう、自分で何かサービスを作ろう

そう思い、就職を諦め、自分で会社を立ち上げる決意をしました。

 

 

・スキル不足、知識不足、経験不足

 

父の勧めもあり、法人で会社を立ち上げました。

色々な会社を巡り飛び込みで営業活動をしたり、

知人に頼んで紹介して頂いたりと、色んな人の助け、協力もあり

少しづつお仕事を頂けるようになりました。

 

しかしここでスキル不足のせいで案件を受けれない事が増えていきました。

自分のスキルは本当に少しHTMLが出来る、後はデザインでカバーしているような形でした。

少しでもレベルが上がると自分では出来ない仕事になってしまいました。

また会社が動き出せば人と会う機会も増えます。

そこでの知識不足も影響を与えて行きました。

個人的なものかもしれませんが、知識が不足すると自信を持って言えなくなり

そのせいか相手から信頼を得られない事が多くなりました。

そしてやはり経験不足が大きな大打撃を与えました。

 

契約書をまいていない事が原因で、未払いの案件が増えていきました。

あの人なら払ってくれると思っている所があり、相手を信じすぎていた結果です。

また大きな案件を頂きそれに全力をつくして三ヶ月動いていたのですが

仲間割れを起こし案件は破談、、、、動いた分も回収出来ずじまい、、、

収益が確保出来ないので自分への給料未払いも増え生活も苦しくなっていきました。

 

 

・人生最大の決断と就職

 

まともに生活をしていくためにも会社を畳むべきだと考えはじめていました。

せっかく立ち上げた会社を畳むのは思っているより重圧がすごい...

 

立ち上げ当初思い描いていた事が何一つ叶えられていない。

悔しいの一言しかありません。

 

しかしもう一度ちゃんと社会を経験するべきだ。

ちゃんと業界に就職して場数を踏むべきだと思いました。

独立はまたチャレンジすればいい、そう思えるようになり、

自分で立ち上げた会社に一旦幕を降ろす決断をしました。

 

ただし今回の就職はあくまでも次に独立するための一つに過ぎず、

30歳の節目で独立すると自分の中で決め、就職先を探す事にしました。

 

いつも協力してくれた父に全て説明をして再度就職をすると伝えると

「何事も経験、必ずこの経験をして良かったと思う日が来るよ」

と言ってくれました。

しかし業界に就職出来なければ意味がありません。

ハローワークに行くと制作経験3年以上という言葉が多くあります。

一つ学んだ事として、自分が雇いたいと思うのはどんな人物か?

それを考えて面接に行く事にしました。

 

1社目面接をして頂いた会社で、だいぶ大きな事を言いました。

自分を雇って損はさせない、経歴にもある行動力で会社を成長させてみせるとまで言い切りました。

熱く語ったのが響いたのか、未経験ながらwebデザイナーとして

その1社目の会社に無事入社する事が出来ました。

しかし自分の判断の甘さがまた出てしまう結果に....

 

その3へ続く

 

 

 



大卒後めでたくIT大手起業に就職するも業績不振により半年で解雇。 24歳でIT会社を起業するも失敗。その後おとなしく制作会社で5年働き18号を巻き込んでおむすびを始めました。利用する人が少しでも幸せになるwebサービスを生み出していきます。



更新日:2017-06-28

コメントを投稿する
投稿名
コメント内容
画像認証 CAPTCHA Image
[ 認証画像を変える ]

関連記事

HDL2-ARがおすすめな理由
アバルト124スパイダーがかっこ良すぎる
起業してわかった大切な10のコト
社会人になってからどん底を味わった結果今がある独立までの道のり 最終回
歓迎会でSMバーに連れて行かれた話
イギリスがEUを離脱決定!その理由とは

人気記事

CSSの背景画像でスライドショーを実装【jQuery】
夏っぽい色のバナーデザイン
市立吹田サッカースタジアム観戦の感想
分かりやすい地図をデザインする為に押さえておきたい4つのポイント
TBSラジオクラウドの保存方法
(direct) / (none) が急に増えた!



ブログ

社会人になってからどん底を味わった結果今がある独立までの道のり その2

コラム




どうもおむすび17号です。
前回の続きです。

 

前の記事はこちら

社会人になってからどん底を味わった結果今がある独立までの道のり その1

 

 

・自分で会社を立ち上げた

 

無職になってしまい再就職先を探しにハローワークへ行きました。

今でも忘れられないんですが、凄まじい人数でした。

就職先に困った人で溢れかえっていました。

 

そしてハローワークの担当の方と話しをしていて

自分には何も武器がない事に気付きました。

ただ大学を出ただけの人。それだけです....

それでも自分のすすべき道を決意していたので

就職先もweb業界を選び、面接に行きました。

 

しかしどこもかしこも未経験を受け付けておらず門前払いでした。

何かインパクトを残さないといけないと思い、

自分が会社に入ったらどんな事をしたいかではなく

こんな事をしてみてはどうか?

という点に絞り様々なwebサービスのアイディアを企画書にして

持って行く事にしました。

 

そしてあるweb制作会社に面接いった際に

自分を決心させる一言を頂きました。

 

こういうアイディアがあってこういう事を実践して行きたいとアピールすると、

「やる気はわかりますが... 案があるなら弊社ではなく、ご自身でされてはどうですか?」

という言葉を頂きました。

そして離職してからこの時既に1年たっていました。

未経験が駄目なら自分で会社をしよう、自分で何かサービスを作ろう

そう思い、就職を諦め、自分で会社を立ち上げる決意をしました。

 

 

・スキル不足、知識不足、経験不足

 

父の勧めもあり、法人で会社を立ち上げました。

色々な会社を巡り飛び込みで営業活動をしたり、

知人に頼んで紹介して頂いたりと、色んな人の助け、協力もあり

少しづつお仕事を頂けるようになりました。

 

しかしここでスキル不足のせいで案件を受けれない事が増えていきました。

自分のスキルは本当に少しHTMLが出来る、後はデザインでカバーしているような形でした。

少しでもレベルが上がると自分では出来ない仕事になってしまいました。

また会社が動き出せば人と会う機会も増えます。

そこでの知識不足も影響を与えて行きました。

個人的なものかもしれませんが、知識が不足すると自信を持って言えなくなり

そのせいか相手から信頼を得られない事が多くなりました。

そしてやはり経験不足が大きな大打撃を与えました。

 

契約書をまいていない事が原因で、未払いの案件が増えていきました。

あの人なら払ってくれると思っている所があり、相手を信じすぎていた結果です。

また大きな案件を頂きそれに全力をつくして三ヶ月動いていたのですが

仲間割れを起こし案件は破談、、、、動いた分も回収出来ずじまい、、、

収益が確保出来ないので自分への給料未払いも増え生活も苦しくなっていきました。

 

 

・人生最大の決断と就職

 

まともに生活をしていくためにも会社を畳むべきだと考えはじめていました。

せっかく立ち上げた会社を畳むのは思っているより重圧がすごい...

 

立ち上げ当初思い描いていた事が何一つ叶えられていない。

悔しいの一言しかありません。

 

しかしもう一度ちゃんと社会を経験するべきだ。

ちゃんと業界に就職して場数を踏むべきだと思いました。

独立はまたチャレンジすればいい、そう思えるようになり、

自分で立ち上げた会社に一旦幕を降ろす決断をしました。

 

ただし今回の就職はあくまでも次に独立するための一つに過ぎず、

30歳の節目で独立すると自分の中で決め、就職先を探す事にしました。

 

いつも協力してくれた父に全て説明をして再度就職をすると伝えると

「何事も経験、必ずこの経験をして良かったと思う日が来るよ」

と言ってくれました。

しかし業界に就職出来なければ意味がありません。

ハローワークに行くと制作経験3年以上という言葉が多くあります。

一つ学んだ事として、自分が雇いたいと思うのはどんな人物か?

それを考えて面接に行く事にしました。

 

1社目面接をして頂いた会社で、だいぶ大きな事を言いました。

自分を雇って損はさせない、経歴にもある行動力で会社を成長させてみせるとまで言い切りました。

熱く語ったのが響いたのか、未経験ながらwebデザイナーとして

その1社目の会社に無事入社する事が出来ました。

しかし自分の判断の甘さがまた出てしまう結果に....

 

その3へ続く

 

 

 



大卒後めでたくIT大手起業に就職するも業績不振により半年で解雇。 24歳でIT会社を起業するも失敗。その後おとなしく制作会社で5年働き18号を巻き込んでおむすびを始めました。利用する人が少しでも幸せになるwebサービスを生み出していきます。



更新日:2017-06-28
コメントを投稿する
投稿名
コメント
内容
画像認証 CAPTCHA Image

[ 認証画像を変える ]


関連記事

盆踊りが好きです
基本的なビジネスモデルの流れを解説
Fire TV Stick (New モデル)を買いました
社会人になってからどん底を味わった結果今がある独立までの道のり その3
TBSラジオがPodcastを辞めてしまった!その理由と今後の話
起業してわかった大切な10のコト


人気記事

CSSの背景画像でスライドショーを実装【jQuery】
夏っぽい色のバナーデザイン
市立吹田サッカースタジアム観戦の感想
分かりやすい地図をデザインする為に押さえておきたい4つのポイント
TBSラジオクラウドの保存方法
(direct) / (none) が急に増えた!

ブログ